岐阜 飛騨古川の地酒の通販 | 白真弓・やんちゃ酒の蒲酒造場

岐阜県 飛騨古川の地酒 白真弓・やんちゃ酒『蒲酒造場』

自宅でひとりで飲み

自宅でひとりで飲み

心が疲れた時、悲しい時、そして、嬉しい時、ひとりで飲みたい時がある

「ひとりで好きな酒を飲みたい」そういう時がある

仕事からの帰り道、ふと「今日は1人で酒を飲みたいな」と思うときはありませんか?

いつもの仲間や同僚から誘われても、なぜかあまり乗り気になれなくて、なんとなく「まっすぐ家に帰って、1人で好きな酒を飲みたい」と考えるときはないでしょうか?

そんな時はきっと、心がちょっと疲れているのかもしれません。

いつもどおりに仕事をこなしていても、ちょっとしたことで上司とぶつかったり、頑張って作った自分の企画が通らなかったり、あるいは一緒に頑張ってきた同僚に先を越されたり。いわれのない誤解を受けて、心が深く傷つくこともあるでしょう。「そんなことは、働いていればよくあること」と割り切ってみても、心は疲れ、くじけているのです。

都会の真ん中で、1人暮らし。ふと周りをみれば、みんな仲間や恋人同士、あるいは家族で楽しそうに夕暮れの街を歩いている。その風景を見ているとやっぱり人恋しいけれど、でも今日は人と一緒にいるほうがつらい。そんな時は無理をせず、1人で酒を飲むほうが、きっと心が安まります。

あるいは、突然の別れが訪れた時も、やっぱり1人きりになりたいもの。大好きだった彼女との別れ、大切な両親との別れ、ずっとともに社会という戦場で戦ってきた仲間との別れ…。心が張り裂けそうに悲しい時は、誰かと一緒にいるよりも1人きりでお酒を飲んだほうが、気持ちが癒されるものなのです。

「ひとりで好きな酒を飲みたい」そういう時がある

喜びをじっくりと噛みしめながら1人で飲む酒も良し

嬉しいことがあった日も、なぜか1人で飲みたくなります。目標を成し遂げた時、仕事でほめられた時、誰かに喜ばれることをした時、最愛の彼女にプロポーズができた日…。大好きな酒とつまみを買って、家に帰って1人でその喜びをじっくりと噛みしめながら飲む酒は、至福の味です。

こうしたシチュエーションで飲みたくなるのは、キリッと辛口で強い味わいの酒。「飛騨やんちゃ男酒」は、スッキリとした淡麗辛口で、1人で思いにふけりながらじっくりと飲むのにぴったりな酒です。「吟醸 やんちゃ生酒」は、素材の味を生かすフルーティーな生酒。肴の味を噛み締めながら時間が経つのを忘れて飲むのもよいでしょう。

また、強い酒を飲みたい時は、アルコール度25%のうま味が濃厚な「飛騨の強者」。夜が更けるまでゆっくりとひとりで飲みたい、そんな酒。

心に染みる強い酒をとことん飲んで、忘れ、心を癒して明日をまた生きる。男には時として、そんな時間が必要なものです。

このシーンで紹介した商品

  • 飛騨やんちゃ男酒飛騨やんちゃ男酒

    すっきりとした口当たりながらじわじわ広がる辛さ。隠れた男の優しさを舌に感じる味わいです。

  • 吟醸 やんちゃ生酒 300ml<吟醸 やんちゃ生酒 300ml

    上品に甘く含み香が広がるルーティーで後味すっきりの吟醸酒です。

  • 飛騨の強者飛騨の強者

    こんなすごい酒があってもいいじゃないか!うまさも、濃さも、何もかもが強いアルコール25度のお酒。

ページの先頭へ戻る